« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

カラタチの花は白いよ〜〜

今はバラの季節でもありますが、バラの花よりもつよく香るのは
ミカンなどの柑橘類の花の香りです。

ミカンの産地では、もう散ってしまったかもしれませんが、わが家の
鉢植えミカンはこの不順な気候のせいでしょうか、やっと開いたところ。

九霞園の柑橘類の Bonsai で面白いのは、カラタチです。

カラタチというと、いつも引き合いに出されるのが、
「からたちの花が咲いたよ〜」という北原白秋のあの詩。

でも、ほんとうにカラタチはあの詩のとおりなのです。

白い白い花が咲き、青い青い棘をもち、秋には
まろいまろい金色の実をつけるのです。

数年前の写真でそれをお目にかけましょう。


N_010410

N_010906

N_011107

N_0104102

N_0111072

左の写真はカラタチの
同じ鉢の三変化。



上は、4月はじめ
真っ白な花が
開き始めたところ。
五弁花で、甘くて
よい香りがする。
葉はまだ出ていない。




中は、その5か月後
9月はじめ頃の姿。
ふくらんだ青い実が
いくつかついているが
白秋の詩のとおり
まん丸で、棘も青く
針のようだ。




下11月はじめ
まん丸い実が
見事にかがやくような
黄金色になった。
カラタチの実は
香りはよいが
苦みがあって
生食には向かない。



上2点の写真は
別の鉢の4月と11月の
姿を反対方向から
撮影したものです。







N_051110_2

これは、カラタチでも
棘がまるで龍の
かぎ爪のように
湾曲している品種。

「飛龍」とよばれ、
緑色の幹に白の
細い縦縞模様が入る。
この年(2005年)は
黄葉が美しかった。







ここに掲載の写真の無断転載を禁じます。
photo : Copyrightⓒ2009 Isamu Sekido, all rights reserved










| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »